シルクスクリーンプリントTシャツ等布地にプリントする方式としては、もっともポピュラーな製法です。
現在市販されている大量生産のプリント商品の多くはこの製法ととっています。
色数の分だけ版が必要となるため、枚数が少ないと1枚あたりに占める版代の負担が多くなってしまいます。

例えば、Tシャツ1枚をプリントしようとした場合、本体+プリント代で700円のところ版代が別に8000円かかってしまい、1枚8700円のTシャツになってしまいます。

もともとシルクプリントとは版画技法のひとつです。木枠に張った網目状の布(シルクを使用していた)に薬品を塗布し、別に用意した版下から写し取り版を作成します。
版はデザイン部分に穴の開いた皮膜状態になっています。
このスクリーンに布地部分を当て、インクを穴から刷り出すことにより、布地にデザインがプリントされる技法です。

シルクスクリーンプリント

シルクプリントのメリットとデメリット

メリット デメリット
色あせが起こりにくく、
洗濯後の耐久性があります。
小量プリントや色数が多いプリントでは
コスト高になってしまう
使用できるインクの種類が豊富のため、
発砲やラメ等の表現が可能です。
生地の厚い本体にはプリントが
出来ない場合があります
文字やロゴなど色数が
少ないプリントに最適
ドライクリーニングが
出来ない
濃色ボディにも色が沈みにくい
(発色がいい)
ポリエステル系の布地の場合には、
日数の経過によりプリント面に
生地の色が出る場合があります。
枚数が多いほうが
より割安になります。
 
版代は初回のみ。追刷の
場合版代は不要(在版期間は1年間)