Tシャツのプリントでは写真を格好良く陰影を残しながら二階調にしたいですよね。
これが中々難しいんですよね。人の顔とか彫りの深い西洋人風で片側から光が当たっているような写真なら、photoshopを使ってそれなりに陰影を付けて二階調にすることは出来ますが、そんな都合の良い写真ばかりではありません。

今回はphotoshopを使って、写真を格好よく、Tシャツプリントに向いた二階調のしかたをご紹介します。

こんな画像を提供されました。これを「格好良いTシャツにしてくれ。1色で。」との事です。ちなみにタービンらしいです。

イラストレーターでパスを取っていくのは非常に手間が掛かります。そしてパスでは迫力が無くなります。

そこでphotoshopでそのままの迫力を残しながら二階調にしていきます。

まずは画像のカラーモードを「イメージ」→「モード」→「グレースケール」に変換します。
それから「イメージ」→「色調補正」→「トーンカーブ」で濃く見せたい部分と、薄く見せたい部分をはっきりと分けさせます。今回のカーブはこんな感じです。

それから「イメージ」→「モード」→「二階調」に変換します。
その際に「種類」の「使用」を「ハーフトーンスクリーン」を選びます。そして「線数」、「角度」を適当に選んで「網点形状」を「円」を選びます。
(線数、角度は何度か試して最適なイメージにしてください)

こんな感じになりました。

色をイラストレーターなどで付けて完成です。

オバマ大統領を二階調にすると

こんな感じですね。ちょっと髭が濃いかな?


データ作成も無料のTシャツプリント「激Tシャツ」