皆さんこんばんは。

今日も先週行った中国の話をしようとおもいます。

昨日も書いたのですが中国は今インフレなので物の値段は上がっています。が、食料品や公共交通機関の料金は上がってきてはいますが、まだかなり安いです。洋服や電化製品等は日本とあまり変わらないんじゃないかと思う程高い物がありますが、食料品は上がってきてはいるとはいえまだ安いですね。

それなりの都市である大連でもまだ青空市場があり、そこで売っている魚や野菜、肉は結構安いです。

青空市場はこんな感じです。夜の8時くらいまでやっています。

こんなものまで売っています。どうやって食べるのでしょうか?

一般的なスーパーもあります。米は基本的に量売りです。

乗り物もまだ安いですね。バスは1元(17円位)で乗れます。ただし、ドアが閉まっていなくても走り出しますよ。

タクシーは初乗り8元(136円位)なので、ちょっと距離でもすぐタクシーに乗ります。しかも、基本的には相乗りです。

電車も30分くらいの距離でも4元(68円位)です。

この食費と交通料金の安さが中国人の購買意欲の高さにつながっている気がします。