Tシャツプリントでよく使われるプリント方法であるシルクスクリーンについて語ります。

シルクスクリーンとは、オフセット印刷やグラビア・フレキソ印刷などと同じ印刷技法の一種です。昔は版材に絹(シルク)が使われたのでこのような名前が付いたらしいです。

簡単に説明すると「ステンシル」と同じ原理です。枠に張った布(昔はシルク、今はポリエステル)に薬剤を塗って版下を当てて露光で穴を開けます。そして出来上がった版を布地部分に当て、インクを版に乗せてスキージーと言うゴムのヘラで穴からインクを刷り出すことにより、布地にデザインがプリントされると言った感じです。多色の場合はこの作業を位置を合わせながら繰り返します。昔に流行った「プリントごっこ」や、最近では簡単に自分でプリントTシャツが作れる「Tシャツくん」などで知られています。

その他にTシャツにプリントをする方法としては、「転写プリント」が流行しています。これは現在では家庭でも簡単にできる方法で、プリンター出力した紙をTシャツに当ててアイロンで熱を加えて生地に転写させます。簡単なのが良いところですが、洗濯に耐えられる耐久性はありません。(但し業務用の転写プリントは耐久性があります。)

耐久性の点から、売っているTシャツの殆どはシルクスクリーンプリントですね。さらに今では直接Tシャツの生地にインクを吹き付ける「インクジェットプリント」などもありますが、やはり色あせや耐久性の点からはシルクスクリーンに軍配があがります。

そんな良いことばかりに見えるシルクスクリーンのデメリットとしては
1色に付き版が1版掛かるので小ロット向きではない、事が挙げられます。用途とプリント枚数により「シルクスクリーンプリント」と「転写・インクジェットプリント」を使い分ける事がベストとなります。

激Tシャツでは最適な方法をご提案しますのでお問い合せください。